株式会社メディエンス
株式会社メディエンス/クリニッククチコミ強化システム/患者満足度向上ツール/産婦人科コンサルティング
【株式会社メディエンス】メディエンスの理念 【株式会社メディエンス】メディエンスについて 【株式会社メディエンス】コンサルティング 【株式会社メディエンス】サポート 【株式会社メディエンス】実績 【株式会社メディエンス】費用
【株式会社メディエンス】メディエンスの理念- 3つの軸
【株式会社メディエンス】メディエンスのスタンス
【株式会社メディエンス】メールマガジン メールマガジン

 メディエンスの理念 - 3つの軸
メディエンスは、池上文尋がMR(医薬情報担当者)12年、診療所事務長2年の経験とドクターとのコラボレーションの中で生まれたオーダーメイド医療系サービスを展開している会社です。

我々の事業は3つの事業の軸を持っております。
【株式会社メディエンス】メディエンスの理念 - 3つの軸
1つ目の軸は「産婦人科・不妊専門クリニックに特化した医療広報・ブランディングのコンサルティング」です。
我々のように産婦人科医療に特化して仕事をしている者が見て感じるのは、一生懸命に患者さんのために働いているドクターは、意外と目立たず地域の方に認知されていないことが多い傾向です。新規開業の時はなおさらです。

その理由は「自院の広報にまったく意識がない・マーケティング的発想がない」ことが主な原因です。患者さんは良いドクターにめぐり合えればそれだけでクチコミを開始します。けれども、最低1回そのドクターに会わなければクチコミも発生しないわけです。

最近は以前のように看板やNTTタウンページやバス広告で集まる患者さんが減っており、ITでの情報収集をされる患者さんが増えております。よって、その変化に対応できない老舗のクリニックが急速に売り上げをダウンさせて、慌てて当社にご依頼を頂くケースも増えてきております。

メディエンスはドクターのポテンシャルを患者さんに伝えるお手伝いをさせて頂きます。まず新患に来院して頂き、満足して常連になり、クチコミをして頂く。このプロセスをドクターと共にオーダーメイドで作り上げていくことを最も得意としております。今までのメディア媒体と新しいIT媒体をそのクリニックに合わせた形でご提案させて頂きます。

最近ではまったくPRをしていないにも関わらず、産婦人科だけではなく、小児科、内科、歯科といった診療科の先生方とお仕事をさせて頂くチャンスを頂き、どの診療科でも同じ悩みを抱えておられるのだなと改めて感じている次第です。

最終的には困っている患者さんが良いドクターに巡り合い、最適な治療を施して頂き、QOLの高い生活を送って頂けるようにするのが我々の目的であり、使命であると考えております。
2つ目の軸は「MRのサポート」です。
12年経験してきたMR(医薬情報担当者)という仕事を通じ、もっとMRが社会に貢献できるようにするにはどうすれば良いか? 薬を販売促進するだけの存在を脱却し、疾患管理から病院経営に至るまでドクターや病院スタッフのよきパートナーとしてのMRの地位獲得のためのお手伝いをMR-NETや勉強会を通じて実施しております。

全国55,000人以上のMRが医療現場に与える影響は甚大なものがあります。この情報の担い手がどこまで活性化できるか?そのためのソリューションを提供し続けることが私共の喜びでもあります。

MRの自己啓発の場づくり、自己啓発教材開発、MRのキャリアアップの支援、医療現場の声を製薬企業のTOPに伝えるお仕事を地道に行ってまいります。
3つ目の軸は医療における新しいビジネスモデルの構築です。
医療の世界は今まで閉鎖的だったので、ビジネスの新しい芽が育ちにくい環境にありました。しかし、構造改革を伴う新しいビジネスモデルが必要となってきています。メディエンスはそのニーズに対して的確なアドバイスと企画提案を実施してまいります。

特に今まで医療に関係なかった企業がどのように新しい医療の分野を切り拓いていくのか?その部分のガイドを得意としております。医療の世界は非常に狭い世界です。だからこそ、人と人とのつながりがとても重要視される分野でもあります。そんな業界慣習をスムーズに乗り越えられるようなアドバイスとサポートを実施しております。
▲ページTOPへ
 メディエンスのスタンス

メディエンス代表の池上プロフィールを見て頂ければ分かる通り、大手外資系製薬企業MR、不妊治療専門に特化したベンチャー製薬企業MR、医療機関事務長を経験し、今の会社を興した経緯があります。そのきっかけはMR時代に多くの素晴らしい先生方とのお付き合いの中で毎日孤軍奮闘されている院長の心が分かる真のビジネスパートナーになりたいと思った事でした。

こんなに毎日頑張って、素晴らしい先生方なのになぜ日々大変なのだろう?
その疑問からスタートしました。

そしてMRとして先生方とお付き合いさせて頂き、実に多くの問題やお悩みを抱えて仕事をされている事を理解致しました。また、事務長経験でその内情を知る事も出来ました。

そこで勤めていた製薬企業合併を機に「MRで出来る限界を超えたサポートを行う事は先生方の支持を受けるのか?」、そんな事を思いながら起業を致しました が、親しくさせて頂いていた先生方がこぞって契約をしてくれたお陰でメディエンスという会社が走り出すことが出来ました。
そんな背景を持っているのでメディエンスでは尊敬できる先生方と出来るだけ長期にお付き合いさせて頂きたいと考えております。本音をいうと何十年もとことんまでお付き合いさせて頂くようなスタンスで仕事をさせて頂きます。

そのために仕事をお受けする前には必ず私共が先生に我々の人間の質と仕事の質そしてお役に立てるかどうかをしっかりと見て評価して頂きます。そして我々も 客観的な目で良いお仕事をさせて頂けるかを判断させて頂いております。それはお互いに認める部分、尊敬する部分があって初めてお仕事はうまくいくと思うか らです。

「素晴らしい先生の所に出来るだけ多くの患者さんを呼び寄せ、的確な治療を受けて頂く」というのが我々の仕事であり、使命です。これが社会貢献と考えるからです。

よって下記の事を決めております。

 1. ただ単に患者集めをしたい方のお仕事は受けない
 2. 患者さんのニーズやウオンツに応えるつもりはない方の仕事は受けない
 3. ディスカウント(値引き)を要求される方には他の方をご紹介する
 4. お金儲けだけが目的の方の仕事は受けない
 5. 共に成長していこうという意思のない方の仕事は受けない
 6. 医療に真摯な態度で取組めない方の仕事は受けない
 7. お互いに尊敬し、相性が合うと感じた場合のみ仕事をお引き受けする

我々は仕事をしてお金を儲けるだけの会社になりたくありません。先生やスタッフの皆様と共にクリニックを発展させて、患者さんに喜んでもらえるような医療を一緒に作り上げていく喜びを味わいたいと思っております。

よって新規にコンサルティングの仕事を引き受けるのは1ヶ月に2社まで、そして引き受けたクリニックの診療圏近くの競合ドクターとは絶対に契約しないという2つの決まりを作っています。

これはクオリティの高さを維持するということと競争力のあるクリニック作りをしていくためです。

非常に硬派な考え方だとは思いますが、1つの決まりを作り、それに従って仕事をさせて頂くことが我々の仕事のクオリティを高めるものだと思っております。その厳しい条件をご理解頂ける先生に巡り会えることを心より楽しみにしております。
 メディエンスのコンサルティングとは?
▲ページTOPへ

トップページに戻る


株式会社メディエンス

[京都本社]
〒615-8191
京都市西京区川島有栖川町18-2
TEL:
075-394-2981

[東京オフィス]
〒135-0063
東京都江東区有明3丁目7番26号
有明フロンティアビルB棟9階
TEL:
03-5530-8767

[元麻布ラボ]
〒106-0046
東京都港区元麻布2-14-26-702
TEL:
03-6721-7454

e-mail:office@mr-net.org





Copyright © 2000 Medience Inc. All Rights Reserved.